読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

生きづらさを感じているあなたへ

いのちってなに?
なんでいのちはあるのかな?
どうして生きているのかな?
生きるってなに?
どんな生き方がいいのかな?

今、生き方に疑問をお持ちの方。
日々の生活に疲れてしまっている方。
日々の生活から一瞬抜けて改めて自分を見つめ直したいと思っている方。

胎教博に是非ご参加ください。

こんな世界、生き方があったんだ。
と知っていただける貴重な機会になるかと思います。



私は会社員時代、
とにかく忙しく毎日を過ごしていました。
仕事をするのが楽しくて、
朝から晩まで仕事をしていました。

お客様の笑顔を見るのが大好きで、
頼りにされるのが嬉しくて、

相手の望む姿の自分になれる様に
がむしゃらに頑張っていました。

仕事でレベルアップしていくこと、
業績をよくすることが素晴らしい、
無理をしてでも頑張る自分を
私よくやっている!!と思い込んでいました。

いつしか自分と向き合うことが疎かになり、
気付けばそんな自分に違和感を感じるようになりました。

このままでは本来の自分が無くなってしまう。
無理している自分でのこの生活が続いたら息苦しい。こんな生活はもう嫌だ!!と、
心が悲鳴をあげるようになりました。

そんな矢先、私は妊娠をしました。

一旦仕事から離れて、
少しは自分のことと向き合えるかな?

そんな風に思いながら妊娠生活を過ごすも、
臨月までつわりは続き、仕事をしながらの日々は心も体も苦しみながら葛藤の毎日でした。

帝王切開でいよいよ会えると思ったその日の朝、
事態は急変し、息子は産まれて間もなくお空に還ってしまいました。


どうして。。。

つわり以外の経過はずっと順調で、
ここまで頑張って大きくなってくれたのに
なんでこんな悲しいことが起こってしまうのか。
信じられませんでした。

悲しみを抱えながら
そこから私が自分を取り戻すために、
息子のいのちの意味を知りたくて、
未来見基さんの元で、いのちについて知り、学び、自分の心や生活のことを見直すことにしました。

 

息子が産まれてくれたいのちの意味の一つに、
「ママもっと自分を大切にして!!
ありのままでいいんだよ!!」と
人生の道を外しかけていた私へ教えに来てくれたのだと感じています。

私は忘れてしまっていましたが、
「魂のお約束」があるのなら、私と息子は、こんな約束をしてきたのかもしれません。
「人生の道に迷ったときのタイミングを見計らって、いのちをかけていくからね。
そこから気付いて変容をしていってね。」 と。

その計り知れない大きな愛を持って息子が私のもとに来てくれたのだと思うと、
涙が溢れ、そんな私でいたことが恥ずかしく情けなくなります。


なので、
生きづらさを感じている方がいらっしゃったら伝えたいです。

苦しかったら一旦立ち止まったらいいんだよ。

ありのままでいいんだよ。

生きているということが十分に素晴らしいことなんだよ。と。

 

死産・流産・誕生死をご経験された方、
またはその周りのご家族やお友達の方はもちろん、
今ある自分を一旦立ち止まって考えたい方がいらっしゃいましたら、
もしかしたら、私とお空に還った息子の話の音楽朗読劇からも、
何か受け取っていただけることがあるかもしれません。

 

胎教博は妊婦さんだけでなく、
全ての方がご自身と向き合うことのできる素敵なイベントです。

是非、当日会場で感じてみてください。
心よりお待ちしております。

【胎教博】胎児の世界 音楽朗読劇

胎教博のプロデューサーでもあります
胎話士 未来見基さん。
お腹の中の赤ちゃんとお話をされるだけではなく、ありとあらゆるいのちの声を聴くことができ、お空にいる赤ちゃんともお話をなされます。

 

私は誕生死経験者です。
息子が産まれ、そしてお空に還ってしまった5日目の日に未来見基さんが緊急セッションで病室まで出張して来てくださいました。

 

私はいのちをかけて私の元に来てくれた息子からのメッセージをどうしても受け取りたかったのです。

 

初めて病室で未来見基さんにお会いした時、すべてを包み込んでくださるかのようなあたたかい雰囲気。
お会いできた瞬間に空気が変わり涙が溢れ止まりませんでした。

 

そして未来見基さんは私と息子の架け橋となってくださり、
息子の声なき声を私に繋げ伝えてくださると共に、私の思いも届けてくださいました。

 

その時、
物凄い奇跡が起こるのです!!!

が、
それは胎教博の音楽朗読劇でのお楽しみという事でこの辺にしますね。


f:id:harada283:20161218091251j:image
あの時未来見基さんのセッションを受けることができ、
息子の声を聴けたこと、
胎児さんの世界や事情を知れたことは、
私が立ち直る為の大きなきっかけとなりました。


とても辛い経験でしたが、
胎児の世界で物事を観てそこから一歩前に進むことは、
多くの気づきと私自身の世界が広がったように感じています。

 

今も苦しんでいる方へ自分と同じ経験をした人がいるということを知って頂くことで、
何かお役に立てることはないか。
どなたかの希望になればという思いで

私のお話しをさせて頂いています。

 

胎教博プログラム#1の音楽朗読劇は、
この実話を元に田山先生が作ってくださいました。
今回朗読していただける先生方、
音楽を演奏してくださるアーティストの方々が豪華すぎて、私はくらくらしそうです。

自分のことながら今からとても楽しみです♪

是非会場に足を運んで
素敵なギフトを受け取って頂けると幸いです。
お待ちしております。

 

胎教博のお申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/s/event/index/428174/

立ち直ったほうがいいかもしれないと思った理由

産まれてすぐにお空に還ってしまった翼くん。

 

悲しくて切なくてこの世の終わりが来たかのような絶望感。

私は泣いてばかりいて、この先どうしていこうか。前に進めるのか私?そんなことばかり考えました。

 

でもある瞬間にふと、

翼くんがお空に還ってしまったのには私に気づかなきゃいけない何かがあって、

そして、なくなってしまう可能性があった子宮と命を残して頂いた私は、まだ生きなければならない何か理由やお役目があって、もしかしたらまだやることが残っているのではないか。と思いました。

 

もしそれがそうなら、翼くんは、

ずっとずっと自分を責め続け、泣いてばかりの私がいいか、

この悲しい経験から何かを学び、少しずつでも前に進もうとする私がいいか、

 

どっちだろうと考えた時、

私は少しずつでも前に進んで、そこから笑えるようになる私の方を翼くんは望んでいるのではないか。とそんな風に感じました。

 

だから、翼くんの思いを汲み取って、その望む姿の私になれるように頑張ろう。少しずつでも立ち直ろう。

そう心に決めました。

 

生後3日目くらいのことでした。

胎教博2016in品川を主催させていただきます

まもなく2016年12月23日開催、

胎教博の早割の締め切り11月11日が近づいて参りました。

 

現在続々とお申し込みを頂いております。

今回は限定100名様なので、お申し込みはお早めに!!!

 

↓ ↓ ↓ お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓

12月23日 胎教博2016 in 品川
http://kokucheese.com/event/index/428174/

      f:id:harada283:20161109102206j:image   f:id:harada283:20161109102213j:image

 

今日はなぜ胎教博2016in品川の主催をさせて頂こうと思ったのかを書きます。

 

私は岐阜から参加させていただきます。

未来見基さんの元で学ばせて頂き、早一年四ヶ月が経ちました。

 

今は生後一ヶ月の娘とラブラブな生活を送っています。

 

なぜ私が未来見基さんとのご縁を頂き、

いのちについて深く学ぶことになったのかをお話しさせて頂こうと思います。


昨年六月に息子の誕生死を経験しました。
妊娠中のつわりはひどかったものの、経過は順調でした。
それなのに突然、産まれてくれて二時間で息子がお空に還ってしまいました。

 

泣いて泣いて泣きくれて、どうしてそうなってしまったのか。

なぜ私は守りきれなかったのか自分を責めて、何もかもから逃げ出したくなりました。

 

だけれど、
息子はいのちをかけて私に何を伝えてくれようとしてくれたのかをどうしても知りたくて、妊娠中からインターネットで拝見していた未来見基さんにセッションを申し込んだことが私と未来見基さんとの出会いとなりました。

 

そして、そこから私のいのちについての学びが始まり、

いのちとは。人生とは。と、じっくりと向き合う時間を持ちました。

 

よくよく思えばそれまで私はいのちについて真剣に向き合ったことがなく、

自分勝手に自分の事ばかり考えていました。
自分のいのちさえも大切にしていない生活をしていたなと思います。

 

きっと息子は、
そんな私をお腹に宿る前からお空の上から見ていて、

私が忘れてしまった魂の約束を思い出させてくれる為にと、
ぶれてしまった私の人生にブレーキをかけて、

私に見つめ直すきっかけを作ってくれたのだと感じています。

 

なので私は息子のいのちをかけて伝えてくれた約束を果たすため、

そして産まれてくれた証を残していくためにも、その小さないのちが教えてくれた事を受け取って、自分の人生に反映させて生きていくと決めました。


そして、受け取ったことを循環していくことの大切さも痛感しており、必要としてくださる方のお役に立ちたいという思いで現在過ごさせていただいております。

 

その一環として、一人でも多くの方にいのちについて触れていただける場を設けたいという思いから今回の主催に至りました。

 

今回の胎教博はご参加頂ける先生方がとても豪華で見所が沢山あります。
そして私と息子の話も音楽朗読劇にしていただいております。

 

ひとりひとり、感じたり心に響く場所は違うと思いますが、胎教博にご参加していただくことでいのちに触れ、何かほんの少しでも、自分の魂の約束を思い出すきっかけになればいいなと思っております。

 

何が起こるかわからない、
いのちのお祭り胎教博

 

是非是非ご参加くださいませ。

 

お会いできますことを心よりお待ちしております。

思い出の詰まったバスタオル

翼くんと入院していた時、

お空に還った翼くんが寝かせてもらっていたベットの下に敷いてあったバスタオルに翼くんの香りが残っていました。

 

赤ちゃんのいい匂いがしていました。

 

翼くんを近くに感じていたくて、

退院する時に助産師さんにお願いして、

バスタオルを持って帰りたいとお願いしました。

 

事情も事情なので、お許しを頂き家に持って帰れることになりました。

 

とにかく翼くんの生きていた証を残したくて、体はお空に還ってしまったけれどとにかく存在を身近に感じていたくて、いろんなものを翼くんと絡めて形に残そうとしてしがみつきました。

 

家に帰ってからもそのバスタオルは私のベットの枕元に置き、いつも一緒に寝てくれているかのような気持ちにさせてもらいながら、翼くんを感じていました。

 

 

当然のことながら月日が経ち、香りもなくなってしまいました。

翼くんグッズの中に大切に収めて保管しておりましたが、バスタオルにいつまでも執着しなくてもいい自分になって来れました。

 

翼くんはいつでもどこでも自由自在に私と一緒にいてくれるんだと思え、感じられるようになりました。

 

だからこの度の出産で、病院が同じだったのでバスタオルは元の場所にお返しさせてもらうことにしました。

 

しかし、そう決断したにもかかわらず、やっぱりなかなか手放せず今回の入院いっぱいは手元に置いておりました。

最後は翼くんをぎゅっと抱きしめるようにバスタオルをぎゅっと抱きしめて、そしてたくさんの感謝を伝えてなんとかお返しすることができました。

 

もしあの時バスタオルを持って帰っちゃダメと言われていたら、私の心の整理がつかぬままお返しすることになりきっといつまでも何かが心に引っかかっていたと思います。

でも私の気がすむように助産師さんが配慮してくださったことで、私は自分で自分の心の整理ができたのではないかと感じています。

なのでとても有り難かったと心から思います。

 

無理矢理心の整理をするのではなく、気持ちが治るまで時間がかかっても、その卒業の時期を自分で決められるまでじっくりゆっくり心と向き合って整理していくのがいいのかなとそんな風に感じました。

誕生死 喪中はがき

道を走っていると、写真屋さんに

喪中はがきの申し込みの幟を見かけました。

 

去年は、翼くんの喪中はがきを出すかどうかとても悩みました。

 

翼くんが産まれてくれたことは知ってもらいたい。

でもお空に還ってしまったことはまだ必要以上に言いたくないし知られたくない。

周りに言うことで、自分を掻き回されたり、感情を乱されたり、どんな風に見られるのかを気にして、当時の私は様々思いが複雑に絡み合っていました。

 

翼くんのことがあってから、3か月しか経っていなかったのでまだまだ暗闇の中。

また暗闇に潜り込むことになるのかな?

 

はがきを出すことはお空に還ってしまったという事実をまた掘り起こすことになるので、私の感情が乱れないかの心配と、事実とちゃんと向き合えるのか。自分の中で吞み込めれるのか?

 

ずっと心の中で葛藤しました。

 

ネットで探してもなかなか誕生死の喪中はがきの情報がなく、どうしたらよいものなのかと。

 

結論としては、

主人と家族と相談を重ね、悩みに悩んで

出すことにしました。

 

出さないことも考えたのですが、

主人も私も会社勤めだった事。

そしてもう一つは、もし出さなかったら、翼くんのことを知らない人が多いので通年通りみんなからは年賀状を送っていただけることになると思うのですが、その時に幸せそうな家族の写真や、例えば赤ちゃん産まれましたと報告を頂いた時に、それを心から祝福できる私で入られているのか?

そこを考えた時、恥ずかしいことなのですが、その時の私にはまだ受け入れられないと判断しました。

なので、そういった外界というか、周りからはシャットアウトし自分たちの心を守るためにも、出すことにしました。

 

 

一般的に喪中はがきは、

続柄・名前・年齢とご挨拶を書くようなのですが、

今回の場合、私はどう頑張っても続柄と年齢はどうしても書けなくて、

何かいい方法はないかと探していたら

喪中です。と言うご挨拶だけでもよい出し方を見つけたので、そうさせてもらいました。

 

さすがに続柄・年齢は書けなかった。

切なすぎて。 

 

まだお空に還ってしまったことを認めたくなかったし、認めきれていなかった私。

事実を知らずに届いた相手も驚かせるのかなとか、何より噂になって騒がれたら嫌だという思いが一番強かった。

周りからの目を一番気にしていたのは私だったのだと思いました。

 

 

そして出すタイミング。

会社の人同士が話したりしないタイミングの休日に着くようにして投函しました。

 

 結果、

喪中はがきを出したことで到着時に特に周りから何か言われることなく、

年賀状も届かなかったので、心の安定を保つことができました。

 

 

前の私だったら無理して、周りの目を気にして周囲に合わせたり、元気でいるふりをしてしまっていましたが今回ばかりは無理で、

でもそんな自分も自分なんだし、その感情のまま自分があっていいのだなと感じられる機会にもなりました。

 

翼くんのことを通して、

自分の感情を押し潰しながら生きていくことの窮屈さから抜け出せれたように感じます。

 

これもまた翼くんがもたらしてくれたギフトなのだと感じると、本当に大きな愛を持って、伝えたいことを届けに来てくれたのだなと涙が溢れます。

 

翼くん元気ですか???

胎教博2016 in 品川

ご縁のある方に届きますように。

2016年12月23日 胎教博2016in品川
今年は参加人数 限定100名様です。

             f:id:harada283:20161001233636j:image     f:id:harada283:20161001233700j:image

お申し込みはこちらから
http://kokucheese.com/s/event/index/428174/

胎話士 未来見基さんをはじめ、
豪華な先生方と胎児の世界に触れられるこの素晴らしい機会に、是非いらしてください。
私も参加致します。

 

翼くんの話を物語にして頂きました。

     ☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎☆✳︎

胎教博を知っていますか?

2007年10月東京両国で誕生した
胎児の世界と眞の胎教を伝える
“いのちのお祭り”。

日本各地にて開催されながら
「胎児の世界観」と「胎児のメッセージ」
人間教育の原点「胎教」の重要性と
胎教改革の必要性を語り

ナビゲーター日本初「胎話士」
創始者 未来見基(MIKIMIKI)が
豪華キャストたちと届ける
ライフレッスン
「胎教の修正」1DAYワーク。


胎児を教え導く世界
胎児が大人を教え導く
二つの世界があることを伝える
世界初の眞の胎教
“いのちの教え”伝承の場。


胎児からの伝言を受け取り
「こんな世界があったんだ!」を
ご体感ください。

胎教博プレゼンテーター
胎話士 未来見基(MIKIMIKI)

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•
胎児の世界と眞の胎教を
日本から伝える“いのちのお祭り”
第15回
2016.12.23(祝•金)
胎教博2016in品川
〜マワリテメクル〜
「魂の約束」
〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•

胎教博、、
つまりそれは
いのちの授業。

胎教博に参加する、、
つまりそれは
私たちが胎教時代から
教え注がれたいのちの教え
胎教の修正が行われる。


いのちが導く独特な場の力で
ココロのつまりが解き放たれる。

胎児は意識を持っています。 胎児は見ています。 胎児は聞いています。 胎児は感じています。 胎児は記憶しています。 胎児は語りかけています。

胎児が伝える世界 胎児に伝わる世界

体感しにいらしてください。

光のこどもたちが 私たちに大切なことを 忘れてはいけないことを いのちをかけて伝えています。

100名と一緒に行うライフレッスン あなたが目覚める時です。

魂の響育、始めましょう。

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•

<日時>
2016年12月23日(金・祝)
12:15開演(12:00開場)
18:45閉演
☆終了後、Xmasライブディナー開催

<会場>
スクエア荏原「イベントホール」
東京都品川区荏原4-5-28

アクセス:http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004000/hpg000003907.htm

最寄り駅:東急目黒線武蔵小山駅
東急池上線戸越銀座駅荏原中延駅
徒歩10分

<胎教博参加費>
大 人 / 前売り 15.000円、当日18.000円

 ☆早割  11.000円(11/11まで)

12〜18歳 / 3.000円
12歳未満 / 2.000円(膝上での鑑賞は無料)

〈申込み先〉
http://kokucheese.com/event/index/428174/

胎教博終了後は、Xmasパーティ!
【Xmasライブディナー】別予約制(先着30名)
19:00-20:30 @胎教博終了後 隣の会場にて

Toshi&七海サウンドライブ&ブュッフェディナー

〈Xmasライブディナー参加費〉
大 人 / 6.500円
小学生/ 3.000円
3歳未満 / 500円

<申込み先〉
http://kokucheese.com/event/index/428174


<胎教博内容>

豪華キャストで行う
初の試み音楽朗読劇 !!

胎教博初出演!
スピリチャアル作家•翻訳家 山川紘矢さん

胎内記憶研究第一人者 産婦人科医 池川明さん
右脳開発トレーナー 飛谷ユミ子さん
しちだ•教育研究所 代表 七田厚さん
ヒプノセラピスト 元女優 宮崎ますみさん

魂のピアニスト鬼塚正弘さん
ディジュリドゥ奏者Toshiさんの演奏で 新作音楽朗読劇「奇蹟よ ありがとう」を発表!


あらゆるいのちと話し続け40年 赤ちゃんとの胎話を始め22年 誕生から旅立つ命と家族のそばで 声なき声が語るいのちの伝言を受け取り続け 受け取りバトンを手渡された いのちの教え。

クライシスセッション専門 胎話士 未来見基が その活動の中で出逢ったいのちの物語を

脚本家•演出家である田山翔一が
音楽朗読劇に描きなおし
いのちのメッセージを伝える
いのちの教えシリーズ
『生命(いのち)をありがとう』
『さよならのありがとう』
『絆よ ありがとう』
四部作目の発表となります。

乞うご期待を!

#1 音楽朗読劇 「奇蹟よ ありがとう」
この世に誕生する日を明日に待つ新米ママ。
まさかその日が我が子との最後になるなんて
予想だにしなかった夫婦に宿った小さな命が
手渡した魂の約束と繋ぐいのちの奇蹟を描いた
実話の作品を通じていのちのメッセージを
お伝えします。


#2「トークライブ」
〜魂(いのち)の約束って?〜
参加ゲストたちによるトークライブ
魂の約束?魂の響育をしてる?
胎児たちが観ている世界は?


#3「マジカルワーク」
飛谷ユミ子さんによる
右脳活性化メソッドの紹介
解放のメディテーション
5歳の自分に出逢う瞑想などで
無限の能力を活性化。


#4「ライフセミナー」
おのころあっこさんによる
にほんご「カタカムナ」から
いのちの叡智を学ぼう!


#5「胎話実践ライブ」
ヒプノセラピスト宮崎ますみさんと
胎話士 未来見基の胎話実践ライブ。
ヒプノからみる未妊のメッセージ
胎児との胎話ベビートーク


〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•
★胎教博終了後はXmasパーティ開催!★
【Xmasライブディナー】(別予約制)

30名限定の豪華キャストと一緒に
スペシャルライブディナー!
19:00〜20:30

•Toshi&七海さんのライブ!
•Xmasブッフェディナー
農薬玄米と自然栽培の旬な野菜を
良質な天然調味料で手作りした
スペシャルブュッフェディナーをご用意!

胎教博に出演される先生方と
お話ししたい方は
こちらもご参加下さい。


◯主催
胎教博実行委員5556会
(新井依子・川島千鶴・守重いつみ・原田寿恵)


◯問い合わせ先
胎教博実行委員5556会
tkhshinagawa@gmail.com