誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

突然すぎて。。。

一年前、私は突然の誕生死を経験しました。

原因は早期胎盤剥離。

 

ずっとずっと妊娠の経過は順調そのもので、

お腹の赤ちゃんも元気に育ってくれていました。

 

予定日の2日前、39W5D。

私の血圧が上がり始めたのとむくみもあり、そして赤ちゃんの心拍数を見て

大事をとって、急遽その検診の次の日に帝王切開をするということが決まりました。

その時は緊急性はないと言われ、

次の日に手術の前にクリニックに行けば良いということだったので、その日は一旦家に戻り、

赤ちゃんを迎える最終準備をして主人と二人きりで過ごす時間を堪能しました。

 

しかし、手術予定当日の明け方。

帝王切開開始の時間を待たずして、早朝に突然の出血。

急いでクリニックに行ったのですが、

それまで通っていたクリニックでは手を施すことができないと言われ、

緊急搬送で別の大きな病院へ救急車で向かいました。

 

 

私は意識朦朧としていく中で、必死にお腹を抱え救急車の中で

お腹の赤ちゃんが無事でありますようにとずっと祈っていました。

 

到着してすぐに緊急帝王切開をして頂き、なんとか生きて生まれてくれたのですが

その2時間後に私の腕の中でお空に還ってしまいました。

 

私は緊急帝王切開だったので全身麻酔をしていたのですが、術後、

お医者様や助産師さんたちのご配慮で

急いで意識を取り戻すように声をかけて頂き目を覚ましました。

 

第一声に、赤ちゃんは???と尋ねた記憶があります。

 

助産師さんからは、今から赤ちゃんに会いに行くからね。との返答。

 

私は横たわった状態でベッドのまま、

赤ちゃんが処置をしていただいていた別室に移動しました。

 

そこで、我が子と初対面。

かわいいなぁ。小さいなぁ。会えてよかった。そんな風に思えたのもつかの間。

 

その時はまだ、息をしてくれていたのですが、

ポンプがないと息ができない状態で、

私の到着を一生懸命に生きて待っていてくれました。

 

そこで医師から、

出来る限りのことはすべてやり尽くしたのですが、どうしても難しい状態です。。。

今も一生懸命生きていてくれています。

どうか最期はお母さんの腕の中で一緒に眠らせてあげませんかと。。。

 

突然のことすぎて頭は混乱しそうになったのですが、

そんな中私の意識ははっきりとしていて、

苦しい中赤ちゃんが待っていてくれたことに頑張ってくれてありがとうという気持ちと

守りきれずに本当に申し訳なかったという気持ちが溢れ出て、

複雑な心境でしかたありませんでした。

赤ちゃんを腕の中に受け取り、抱き、そしてそのままそっと息をひきとりました。

 

一瞬の出来事で唖然。

状況が飲み込めず、お空に還ってしまった状況を信じられませんでした。

そこからしばらくはどんな感情だったのか記憶が飛んでしまっています。

罪悪感しかなかったような気がします。

 

私は続きの処置があったのでまた別室に戻りました。

 

それから泣いて泣いて泣いて。

 

綺麗にしてもらった赤ちゃんは再び助産師さんに抱っこして頂いて私の病室に来てくれました。

初めは赤ちゃんのいのちを守りきれなかった事に対して申し訳ない気持ちでいっぱいで

赤ちゃんに顔向けできなくて戸惑いもありましたが、

愛ある病院のご配慮でそこから約一週間一緒に過ごさせてもらうことができました。

 

そんな大変だった状況の中、

生きてくれていた状態で逢えたことが何よりも有難かったと思います。

そしてこの小さないのちを絶対に無駄にしてはいけないと強く思い、

私はそこから様々なことを学び始めました。

 

このつばさくんの誕生ストーリーには奇跡のストーリーがたくさんあるのです。

 f:id:harada283:20160712201427j:image

その話はまた今度。