読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

インターネットでの情報の危険性

情報過多。情報が溢れるこの時代。

何が正しくて、何が間違っているのか、判断するのがなかなか大変な時があります。

だからこそ、正しく情報をキャッチできる自分でありたいと強く思います。

 

私も妊娠している最中に、つわりで動けずにいたので、少し調子の良い日は携帯とにらめっこをしてネットサーフィンをしていました。

目はすぐに疲れてしまい気持ち悪くなるので、それも大変でしたが。。。

 

初めての妊娠で全て手探り状態。

ネットからの情報に助けていただいたこともありますが、色んな情報がありすぎて何を信じていいかわからなくなる時もありました。

自分の直感や感覚を信じたり、価値観が近いものを見てみたりしていました。

 

だけど思ったのは、ネットの情報は鵜呑みにしないと言う教訓に辿り着きました。

特に妊娠に関してはいのちに関わることだし、ネットの情報に左右されず、自分で判断しないということ。

どんな些細なことでもお医者さんに聞くことの大切さを痛切に感じます。

 

 

いま考えると一番怖いと思った情報は、

臨月になり出産が近づいてきたら胎動が減るという情報!!

→動きますから!!!

その情報に安心しないほうが良いと思いました。

 

本当に減ってきたら何かのサインだと思ってすぐに病院に連絡して行ってください。

 

あとは、主観の入っている意見等あくまでもその人の意見なわけで、正しいとは限らず、人それぞれにケースが違うので、人もそうだからと安易に安心しないほうがいいなと思いました。

 

本当に本当に些細なことでもいいから病院に聞いてください。

万が一嫌な顔されても、しつこく聞いてください。聞かずに後悔するより、正しい専門的な知識と意見でご判断いただいたほうが絶対に安心。

だって赤ちゃんのサインを一番に気付けて守れるのはお母さんしかいないから。

 

赤ちゃんは何かサインを必ず送ってくれています。どうかそんな時はキャッチしてください。