読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

【胎教博】胎児の世界 音楽朗読劇

胎教博のプロデューサーでもあります
胎話士 未来見基さん。
お腹の中の赤ちゃんとお話をされるだけではなく、ありとあらゆるいのちの声を聴くことができ、お空にいる赤ちゃんともお話をなされます。

 

私は誕生死経験者です。
息子が産まれ、そしてお空に還ってしまった5日目の日に未来見基さんが緊急セッションで病室まで出張して来てくださいました。

 

私はいのちをかけて私の元に来てくれた息子からのメッセージをどうしても受け取りたかったのです。

 

初めて病室で未来見基さんにお会いした時、すべてを包み込んでくださるかのようなあたたかい雰囲気。
お会いできた瞬間に空気が変わり涙が溢れ止まりませんでした。

 

そして未来見基さんは私と息子の架け橋となってくださり、
息子の声なき声を私に繋げ伝えてくださると共に、私の思いも届けてくださいました。

 

その時、
物凄い奇跡が起こるのです!!!

が、
それは胎教博の音楽朗読劇でのお楽しみという事でこの辺にしますね。


f:id:harada283:20161218091251j:image
あの時未来見基さんのセッションを受けることができ、
息子の声を聴けたこと、
胎児さんの世界や事情を知れたことは、
私が立ち直る為の大きなきっかけとなりました。


とても辛い経験でしたが、
胎児の世界で物事を観てそこから一歩前に進むことは、
多くの気づきと私自身の世界が広がったように感じています。

 

今も苦しんでいる方へ自分と同じ経験をした人がいるということを知って頂くことで、
何かお役に立てることはないか。
どなたかの希望になればという思いで

私のお話しをさせて頂いています。

 

胎教博プログラム#1の音楽朗読劇は、
この実話を元に田山先生が作ってくださいました。
今回朗読していただける先生方、
音楽を演奏してくださるアーティストの方々が豪華すぎて、私はくらくらしそうです。

自分のことながら今からとても楽しみです♪

是非会場に足を運んで
素敵なギフトを受け取って頂けると幸いです。
お待ちしております。

 

胎教博のお申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/s/event/index/428174/