読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

【胎教博】子を授かる前からの胎教

多くの方に子を授かる前に【眞の胎教】を知って頂きたいという思いがあります。

私は息子を妊娠したとき、いのちを授かれたことが嬉しい反面、
私が親になっても大丈夫なのか。親になれるのか。とどこかに不安を抱えていました。


望んだ妊娠でありながら、
これでは来てくれたいのちに対して失礼だと思う気持ちを感じていました。

 

せっかく親になれるのなら、いのちを迎えるにあたっての心と身体を整えて、
来てくれるいのちに失礼のない様、
胎児さんの望む眞の胎教を学んでいのちを迎えたい!!そう思いました。

 

息子がお空に帰ってしまった後、
次にまた必ず妊娠をすると決意し、
身体の体質改善、生活を改めること、
とことん自分の内面と向き合うことで自分自身の修正をしました。

そうして子を授かれた妊娠生活は、喜びは倍増。
いのちを迎え受け入れる心構えもできていて、
妊娠に対して自信がついていたのがわかりました。

 


胎児さん達はお腹に宿る前から、お母さんを見ていて近くにいてくれているようです。

池川先生の胎内記憶にあるように、
お空の上からお腹に宿るのを待っている新しいいのちさん達がいてくれるのならば、
胎児さんが望む素敵なお母さん像に近づいて、
お空の上で人気者になったら私をお母さんに選んでくれる確率が上がるのかな!?
そんな風に感じながら私は妊娠を希望しておりました。

胎児さんはなんでも叶えてくれると、
こちらの希望や思いだけを胎児さん達に伝え

望むばかりでなく、
眞の胎教を学び、
胎児さんの気持ちになって考えられるという視点を備えておくことは、
胎児さんがお母さんに望むことで、
そして喜んでくれることなのではないかなとそんな風に感じています。

そのようにして迎えた新しいいのちが、
お陰様で今年の9月に無事誕生してくれました。

宿る前から身体と心を整えて、
お腹の中からたくさんお話をしてコミュニケーションを取っていたので、
産まれてからの絆がしっかりとできていることを感じます。

赤ちゃんには意思がしっかりあり、
一生懸命に想いを伝えようとしてくれるので、
こちらも受け取りたいという気持ちを持って接すると、
意思疎通がしやすいように感じます。

だからとても育児が楽しいです。

眞の胎教を知り、
胎児さんや子どもの気持ちに寄り添って妊娠期や子育ての時間を過ごす
そんな素敵な妊婦さんやお母さん 大人達がたくさん増えれば、
周りの大人や母と子の関係がさらにより良いものになるのではないかと思っています。 

そうして育った子ども達は自己肯定感が強く、
心が満たされのびのびと育つことができるので、
持って産まれてきた光の輝きを失うことなく、
自分の産まれてきた使命を全うできるようになるのではないかと思うのです。

大人の意識が変わり、子を大切に育み育つことは、
その子達が成長した時の明るい未来につながっていくのではないかと思うのです。

これが私が思う、子を授かる前に【眞の胎教】を伝えたい理由です。

胎教博で多くの方に届くことを願っています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

            
胎教博のお申し込みはこちらから
kokucheese.com