誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

立ち直ることと、忘れることは違うこと

立ち直って自分が元気になることは、

翼くんを忘れてしまうことになるのではないか。 

 

自分だけ立ち直ってあの時から意識をどんどん前に進めていくことをしていいのかどうか。

 

そんな罪悪感というか、

心のしこりとひっかかり、疑問がありました。

 

 

 

だけど、

いつまでもあの時のままの私でいることは、

果たして翼くんの望むことなのか!?

 

 

そして翼くん自身は立ち直っていないのか!?

どうなのか。

 

 

 

もしかしたら翼くんはお空に還った後

すでに自分の人生を自由に生きていてくれているのかもしれない。

誕生死は今世のかみさまと私と翼くんの魂のお約束で、

いのちのリミットをお約束の通り果たしに来ててくれたのかもしれない。

 

 

それは誰にもわからないことですが、

私が私の視点と思考で

辛い、悲しい、寂しい、孤独、苦しい、

助けてあげられなかったと

罪悪感を感じたり考えているだけで、

もしかしたら翼くんにはもっと素晴らしい

違う次元の世界が広がっているかもしれない。

 

もちろん悲しすぎるしあってはならないし、

当事者にもなりたくありませんでした。

 

 

でも起こってしまった今思うことは、

何かあった時、

そこからどう前を向いて立ち直り、

自分とその事象と向き合うのか。

そして、

その後どのように次に繋げ過ごしていくのかが

大切なことなのではないか。ということを

気付かせていただき学ばせてもらいました。

 

 

 

生きていれば誰もが色々ことに直面します。

 

その直面した時にどうしていくか。

どんな自分でありたいか。

どの視点で物事を考えて捉えていくか。

そして行動していくのか。

 

 

私は常に問われているように感じています。

 

 

私は出来事から立ち直ったから翼くんのことを忘れてしまったのかどうなのか?

 

 

決してそんなことはなく、

今でも私の心の根底には翼くんとのことがあります。

毎日想います。

 

 

翼くんが私の心の中にいてくれるから、

そう感じられるから

立ち直れるのだし、

頑張ろうと前を向いて進んでいく原動力になっているのだと思います。

 

立ち直れた今も私は

決して忘れていないし、

忘れることなんて一生出来ないです。

 

私と翼くんとの堅い絆。

 

家族でこれからも大切に育みます。