読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生死を乗り越えて✳︎新しいいのちを迎えました✳︎          〜angelつばさが教えてくれたこと〜

2015年 第一子の誕生死を経験した後、2016年 第二子を出産。暗かったトンネルを抜けだして、今、赤ちゃんとお話ししながら新しい生活をエンジョイしています♪死産・流産・誕生死etc...どなたかの希望になればと思いブログに綴ります。

慈愛に富んだ医師・助産師さん

最後に救急車に乗って運ばれた大きな病院は、

本当にとても素敵な病院で、愛に満ち溢れていました。

 

先生も助産師さんたちも本当に優しくて、皆さんが心から寄り添ってくださいました。

医療が整っていることはもちろん、その他にもメンタルのケアまでもしてくださり、

一緒に泣いてくださったり、声をかけてくださったり、話を聞いてくださったり

いろんな話をしてくださったり、

毎日、1時間から2時間に1回は病室に顔を出してくださり、

私のペースに合わせてみていてくださいました。

 

時には私の気持ちを代弁してくださったり、

付き添いの家族への配慮もしてくださり

本当にありがたい環境に身を置かせていただきました。

 

私の気持ちと体が安定している時は、

母子同室にしてくださって、

生きて産まれた時と同じ体験ができるようにもしてくださいました。

 

翼くんのことを名前で呼んでくださり、

かわいいね。かわいいね。と毎日声もかけてくださいました。

 

何よりも、お空に還った赤ちゃんを大切な一つのいのちとして接してくださったことが本当に嬉しくて、

生きて産まれても、お空に還ってしまっても、どんな風に産まれても、

大切に大切に接してくださるその姿が本当にうれしかったです。

 

どうしていいかわからない状態の時に、

接し方を導いてくださったように感じ学ばせていただきました。

 

普通に接していいんだと。

 

それまで赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいで、

顔向けできないと思っていたのですが、

生きていても、お空に還ってしまっても、

お腹に宿ってくれて産まれてくれたことに変わりなくて、

目の前に可愛い赤ちゃんが存在している。

そのいのちに対してどう私が向き合っていくかが大切なのだと思いました。

 

先生から

お母さん、ずっと自分のこと責めていませんか。

悲しみはいつまでも続くものです。

どれだけ医療が発達しても、どんなに手を尽くしても

どうしてもお空に還ってしまう時があるのです。

医療では介入できない世界があるんです。

自分や誰が悪くてとか、あの時ああしていればと思うこともあるかもしれないけれど

そんなことはないんだよと。

お空に還ってしまったけれどだけどちゃんと産まれてくれた。よく頑張ったよ。

と言ってくださり、心が救われたことを覚えています。

 

今は赤ちゃんがまた戻ってこられるようにお母さんの体を整えることも大事だよと教えてくださいました。

赤ちゃんが戻ってこれるには、一回ちゃんとお空に還してあげないとと戻ってこれないの。

お母さんのことを心配してずっとついててくれちゃう。

また戻ってきてくれるから、赤ちゃんを安心させてあげようね。

と、赤ちゃんの気持ちにもなってお話ししてくださいました。

 

いのちとの向き合い方。凄いなと思いました。

 

悲しい出来事だけれど、

最後に迎えた病院が緊急搬送先の病院でよかったと心から思いました。

 

 

悲しいすぎて目を瞑りたいし、状況から逃げたいと思うこともありましたが、

後悔のないように最期の時を迎え、その後もしっかりと向き合うことの大切さも学ばせていただきました。

 

感謝しかありません。